ミュージックガジェット [音楽制作ソフト/DTM/録音機器/製品紹介/レビュー/etc]

音楽制作ソフト/DTM/録音機器等の製品の紹介、レビュー等。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iOSアプリM16~iPod touchを携帯型MIDIプレイヤーに 

iPodでMIDI再生~m16使用までの経緯

練習やデモなどのレコーディング時に、たまに必要となる、出先でのMIDI再生に便利なのが、携帯型MIDIプレイヤー。 かつて愛用していたのがヤマハのMDP-5というXG音源内蔵のMIDI再生機(ヤマハ正式名称はモバイルデータプレイヤー)なのですが、先日ひさしぶりに出先のスタジオでMIDI再生の必要が出て、自分が所有するガジェットの中では比較的コンパクトな、このMDP5をひっぱり出そうとしたのですが、ここで一考。 MIDIデータは既にフォーマット0のSMF-スタンダードMIDIファイルを用意(しかも一応念を入れてGM配列に最適化までして(MDP5はXGからGSまで対応していますが))してはあるものの、このMIDI再生マシンはそういえばスマートメディア、現在メインで使用しているパソコンのUSBポートにはMDP5も、スマメのアダプタも一度も挿したことがない。 それでなくてもUSBデバイスはうんざりするほど挿しているのでそうそう悪影響はなかろうとは思うものの、一回位しか使わないデバイスはあまり挿したくない、、といった云わば生理的な理由で、MDP5を使うのを中座しました。 とにかくこのスマメがMDP5最大の弱点。 独自規格で再三非難されているソニーよりはマシですが、YAMAHもここは読み間違えたようで。

そういえばiPod touchがあった。

ここは自分も世情を読み誤ったかとちょっとだけ後悔しているところなのですが、CD等のリスニング用の音源はWMAでためてしまっているため、デジタルオーディオプレイヤーはWMA対応のものを常用しているのですが、一応、気になる存在ではあるiPodも複数持っているので、その中から第4世代のiPod touchを使って、iOSアプリでMIDIを再生できないかと、ネットで情報を集めはじめました。 そこで見つけて気になったのが音楽関連のアプリをいくつもリリースしているクリムゾンテクノロジー製の有料のMIDI再生アプリ、「m16」です。 シーケンサーやオーディオプレイヤー風のルックスではなく、16パートを4x4のアイコン表示したMIDIパッド風の独特なインターフェイスで、クリムゾンとグリーンという配色がクールなような、前衛すぎる気もするユニークな配色。 しかしながらApp Storeのレビューを一通りみたところ、高機能過ぎず的を絞った設計のためか、安定性の評判も上々、ということで試してみることに。 この時点(2013年1月)でのm16の価格は350円でバージョンは2.0。

[m16再生画面]                 [m16セッティング画面]
CrimsonTec.アプリm16 再生画面CrimsonTec.アプリm16セッティング画面

クリムゾンテクノロジー製MIDI再生アプリ「m16」の操作イメージ
YouTube:m16 ~ iPhone / iPad MIDI Player ~ × POLICE × Eric Clapton .


開発元のクリムゾンテクノロジーのサイトでm16-GM(General MIDI)/SMF(Standard MIDI File)対応MIDIプレーヤーが紹介されています。
http://www.crimsontech.jp/jp/m16/index.html

また以下のiPhoneアプリ紹介サイト「AppBank」では、さらに詳しく画面ごとの説明などが掲載されています。
http://www.appbank.net/2010/11/05/iphone-application/182948.php


スポンサーサイト
( 2013/09/18 21:04 ) Category ├iPod touch | TrackBack(0) | Comment(3)

COWON J3 ファームウェアのアップグレード方法~推奨通りフォーマット? 

静電式タッチパネル採用で、起動時間も短く動作も快適で大人気、COWONのデジタルオーディオプレイヤー、J3のファームアップ実施にあたり、内蔵メモリのフォーマットについて気になる点があったので、実施手順をまとめ直してみました。

<COWON公式サイトより引用>

※ファームウェアアップデート注意事項※

※アップグレードの前に、内蔵メモリのフォーマットを行うことをお勧めします。
内蔵メモリにエラーが発生している場合、アップグレードに失敗することがあります。
(フォーマットは、お使いのパソコンのフォーマット機能をご使用ください。ファイルシステムが選択できる場合はFAT32を選択してください)
※重要なファイルはアップグレード前に必ずバックアップしてください。
※SDカードは、必ず取り外してから行ってください。


* アップグレード前に、バッテリーを充電してください。(途中でバッテリーが切れると正常に動作しなくなります)
* 当社で提供するファームウェアプログラムだけでアップグレードしてください。
* アップグレードにはJ3の空き容量が20MB以上必要です。

○ファームウエアアップデート方法

1. ファームウェアファイルをダウンロードして、パソコンに保存してください。

2. ファイルを解凍してください。 解凍後、3つのファイルが作成されます。

3. COWON J3をパソコンのUSBに接続します。

4. COWON J3が認識されたら、「COWON J3_FW.BIN」「COWON J3_RS.BIN」「COWON J3_FT.BIN」の3つのファイルをCOWON J3のルートフォルダ(ドライブを開いた直後の場所)にコピーします。

5. USB機器の取り外しの操作を行い、パソコンからCOWON J3を取り外します。

6. COWON J3の電源が消えたことを確認した後、COWON J3の電源を入れます。

7. COWON J3の画面にファームウエアアップグレードのメッセージと進行バーが表示されます。アップグレードが完了すると自動で電源が切れます。

8. COWON J3の電源を入れて、ファームウェアバージョンを確認してください。
ファームウエアバージョンは[SETTINGS]-[システム]-[情報]メニューでも確認することができます。

上記は、COWON公式サイトにて案内され、COWON J3 Wikiにも引用されている文章ですが、ここで推奨されている内蔵メモリのフォーマットについて、少し心配になる点があります。 それは、J3をパソコンにUSB接続して認識されるドライブを見ると、以下のように[*画像3]たくさんのフォルダ、そして中にはデモファイルなども入っているため、アップグレードの手順で推奨されている内蔵メモリのフォーマットをすると、これらも消えてしまうので、大丈夫なのか、ということなのですが、結論から先に言えば、大丈夫でした。

良く考えてみれば、ファームウェアはストレージとは別の領域(SRAMやEEPROM)に格納されているはずなので、USBストレージとして認識されている領域はファームに対しては影響を及ぼさないということだと思いますが、そのストレージ部に、何がなければいけない、といったような特段トリッキーな仕様ではなかったようです。

以下に、J3のファームウエアアップデートの手順を、補足説明を付けてまとめ直してみました。

COWON J3 ファームウエアアップデート方法~まとめ直し


1. ファームウェアファイルをダウンロードして、パソコンに保存しておきます。

2. ファイルを任意の場所に解凍します。すると以下の3つのファイルが展開されます。
COWON J3 ファームアップ ファイル3種
 [*画像1]J3ファームウェアアップデータ。3つのファイル。

3. COWON J3をパソコンのUSBに接続します。

COWON J3が認識されると、内蔵メモリのドライブとマイクロSDスロロットのドライブの、2つのドライブが認識されますが、ドライブレターの若い方が内蔵メモリドライブになります。
以下の画像は内蔵メモリドライブがG, マイクロSDドライブがH として認識された際のGドライブのプロパティ画面です。(内蔵ドライブはFAT32形式になっています。)
COWON J3 内蔵メモリドライブのプロパティ
 [*画像2]J3内蔵メモリドライブのプロパティ

また、内蔵メモリのルートには以下のようなフォルダとファイルが入っています。
(J3ファームウェアのバージョンがver.2.03の場合)
COWON J3 内蔵メモリ内のフォルダとファイル DID.bin nonce.bin
 [*画像3]J3内蔵メモリドライブのルート直下のフォルダ・ファイル群

4.1. COWON J3が認識されたら、J3の内蔵メモリのドライブ(*1)を接続したパソコンのフォーマット機能を使ってFAT32でフォーマットします。
COWON J3 内蔵メモリをFAT32でフォーマット
 [*画像4]J3内蔵メモリドライブのフォーマット
(*1)画像の例ではGドライブ
(*2)アップグレード処理では出、荷時にJ3に入っているデモファイルは復元されませんので、内蔵メモリのフォーマットを行った場合、デモファイルも消えてしまいます。必要な場合は事前に退避しておいて下さい。

4.2. フォーマットが完了したら、「COWON J3_FW.BIN」「COWON J3_RS.BIN」「COWON J3_FT.BIN」の3つのファイルをCOWON J3のルートフォルダ(ドライブを開いた直後の場所)にコピーします。

5. USB機器の取り外しの操作を行い、パソコンからCOWON J3を取り外します。
※念のため「ハードウェアの安全な取り外し」を使って取り外します。
※ハードウェアの安全な取り外しを行って「安全に取り外す事が出来ます」とパソコンに表示されたあと、USBケーブルを抜くと、自動的にJ3の電源が切れます。

6. COWON J3の電源が消えたことを確認した後、COWON J3の電源を入れます。

7. COWON J3の画面にファームウエアアップグレードのメッセージと進行バーが表示されます。アップグレードが完了すると自動で電源が切れます。

8. COWON J3の電源を入れて、ファームウェアバージョンを確認してください。
ファームウエアバージョンは[SETTINGS]-[システム]-[情報]メニューでも確認することができます。

アップグレード後、内蔵メモリドライブ直下の以下のデフォルトのフォルダ群は自動的に生成されています。 また、上記手順でアップグレード用に内蔵メモリ上に配置した3つのアップデータファイル(拡張子.BIN)は自動的に削除されます。

アマゾンでご購入の際は、量販店では取り扱いのない限定色のブラックがおすすめ。
■COWON MP3 プレーヤー J3-4G-BK ■J3-8G-BK ■3-16G-BK ■J3-32G-BK
コウォンジャパン



( 2013/06/06 02:05 ) Category ├携帯音楽プレイヤー | TrackBack(0) | Comment(0)

Transcend MP870 スピーカー内蔵DAP 内蔵スピーカー音量比較 

ヘッドホン、イヤホン、またはスピーカーを接続せずに音が再生できるスピーカー内蔵のデジタルオーディオプレイヤーは、例えば練習中の曲がある時などには部屋でも出先でもとにかく重宝します。 でも探して見ると意外に小型且つ低価格で、スピーカーを内蔵した機種は少ないものです。 iPod touch(4thGen.) や、COWONのJ3,D3等の上位モデルまで視野に入れれば選択肢は広がりますが、大きさも価格もアップします。 2012年6月現在、この条件、スピーカー内臓・小型・低価格(数千円)で新品で入手できるモデルを探すと、トランセンドのMP870一択ではないでしょうか?(もしこの記事をご覧になって他にご存知でしたらあればコメント頂けると嬉しいです)

Transcend MP870の購入にあたって、もともと低価格の条件で探していたので価格的には問題なしですが、公式サイトの仕様でも触れられていない内蔵スピーカーの出力が、どれほどのものか、かなり気になっていました。 YouTubeや価格.COMなどいろいろ検索してみても、目安になりそうな答えも見当たらず、まあそう高いものでもないし、論より証拠ということで調査は中座して購入してみました。 本機種はマイクロSDスロット搭載で容量は自由に増やせるため。選択したモデルはブラックの4GBモデル。 ちなみに、トランセンドのMP870は黒が4GB,、白が8GBというラインナップになります。

Transcend MP3プレーヤー MP870 4GB TS4GMP870Transcend MP3プレーヤー MP870 4GB TS4GMP870


トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 2919

Amazonで詳しく見る

主な機能、仕様を抜粋すると以下の通り。

■2.4インチQVGA(240x320ピクセル)フルカラーTFTディスプレイ
■microSD/microSDHCカード拡張スロット
■MP3、WMA 、OGG、FLACフォーマットの音楽ファイルに対応
■MPEG4 SP(Xvid)、RM/RMVB、FLV動画ファイルに対応
■画像(JPEG/BMP/GIF/PNG)とEブック(.txt)ファイルに対応
■FMラジオ(FM録音、20局を録音可能
■内蔵スピーカー&マイクロフォン ■最大22時間の音楽再生が可能



早速、内蔵スピーカーから音を出して聴いてみた感想ですが、これまでに使ったスピーカー内臓モデルと比べ、特に小さいわけでもなく、大きくもなく、まあ納得できる程度の、使えるものでひと安心しました。

音量に関しては、リスニング環境により相対的且つ、個人差もあるので、この記事の文章だけでお伝えするのは難しいですが、自分が所持する他の機種の中で同等のものと比べると以下のような感じです。 

COWON J3 > MP870 >= iRiver E150
DAP内蔵スピーカー音量比較 J3 MP870 E150

※Amazon商品リンクのうち右端のものはE150の後継E300になります。

MP870とアイリバーのE150はほぼ同じぐらいなのですが、E150は小さいながらもステレオスピーカーのようで、たぶんLRそれぞれのスピーカーの口径が小さいのか、比較的広がって聞こえる分シャカシャカと音が分散して、体感的に少し小さく感じます。 逆説的にMP870はモノラルのスピーカーに音がまとまって聞こえる分、若干音が聞き取りやすい印象でした。 上に挙げた機種をお持ちでMP870の購入も検討されている方には参考になるかも知れませんが、そうはおられないでしょうね。

また、音量面では、ボイスレコーダーでMP3やWMA等の音楽ファイルを再生できるモデル、例えばオリンパスのDS/DMシリーズあたりの方が聞きやすくなります。 ボイスレコーダー、ICレコーダーとして発売されているものは、録ったその場で聞く前提なので、スピーカー内蔵はほぼデフォルトなので選択肢は広がります。 但し、こちらは、本来録音したファイルへのアクセス優先で設計されているため、曲数が多くなると、やはり音楽プレイヤーに比べ操作性が悪くなってしまいます。 でも操作面に妥協できるならナイスなチョイスとなるかも知れませんね。

■OLYMPUS 多機能 新スタイルICレコーダー VoiceTrek DM-4
■OLYMPUS リニアPCM ICレコーダー DS-800 オリンパス
■OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-750 オリンパス
■OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek DS-700 オリンパス



( 2013/04/07 06:09 ) Category ├携帯音楽プレイヤー | TrackBack(0) | Comment(0)

オリンパス Voice-Trek DP-201 ~ DP-10後継モデル発売 

OLYMPUS ボイストレック DP-201 簡単操作のイメージ

最近は、このブログの更新頻度も少なくなってしまったため、あまりタイムリーではありませんが、以前当ブログでご紹介したオリンパスの簡単操作が売りのボイスレコーダー、Voicetrek DP-10の後継機種にあたるDP-201が発売されています。 デザイン、仕様ともに、ほぼDP-10を踏襲し、価格も2012年6月現在、アマゾンでは4,000円台と、こちらもほぼ同価格帯で販売されているようです。

OLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 2GB 早聞き/遅聞き カレンダー検索 DP-201 シルバーOLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 2GB
早聞き/遅聞き カレンダー検索 DP-201 シルバー



オリンパス
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る


DP-10からDP-201への主な変更点は以下の通り。
内蔵メモリが1GBから2GBに増量
内蔵スピーカーの実用最大出力が200mWから180mWにスペックダウン
もともと、DP-10の内蔵スピーカー出力のスペック、体感音量ともに、必要十分以上のものはあったので、数値的には下がっていても大差ないレベルの変更です。内蔵スピーカー使用時のアルカリ乾電池による再生時間も両機種21時間と変わっていないため、体感上もあまり違いがわからない程度の仕様変更と思われます。

[メーカーの製品情報]
OLYMPUS VoiceTrek DP-10 製品情報
OLYMPUS VoiceTrek DP-201 製品情報



( 2012/10/18 03:25 ) Category ├レコーダー | TrackBack(0) | Comment(0)

SONY ICD-TX50 スタイリッシュな超薄型 ICレコーダー カード型 

SONY ICD-TX50 イメージ画像

ソニーより、これまでのICレコーダー、ボイスレコーダーのイメージを一新する斬新なデザインの超薄型レコーダーが発売されています。

基本的な機能としてはリニアPCM録音に対応するほか、汎用的なフォーマットであるMP3での録音にも対応し、録音メディアには内蔵メモリのほかにもマイクロSDスロット搭載、と特筆するような機能はありませんが、なによりソニーならではのスタイリッシュなデザインが特徴的です。 本体の厚みが6.4薄さで、ディスプレイには絶妙にコーディネイトされ黒の高級感あふれる外観にベストマッチした視認性の高いモノトーンの有機ELが採用されています。 もちろんこの薄さですから電源は乾電池ではなく、リチウムイオン内蔵充電池にUSB端子より給電するタイプで、これ自体は一般的なものですが、充電方式に高い技術を採用しれいる様子でなんと、3分の充電で約1時間の録音が可能という目覚しい機能が搭載されています。 特にビジネスユースにはとても強力なサポートです。 

スタイリッシュなカード型デザイン

薄さ約6.4mm、重さ約50gのコンパクトなボディには、高級感のあるアルミニウムを採用。会議やインタビューの際にもさりげなく、自然に録音できます。
SONY ICD-TX50 薄さ約6.4mm 重さ約50g


見やすい有機ELディスプレイ

視認性の高い有機ELディスプレイを採用。録音時間やファイル名などをはっきりと見やすい文字で表示します。
SONY ICD-TX50 有機ELディスプレイ


急速充電対応

リチウムイオン電池を採用し、約3分の充電で約1時間の録音が可能。急な会議などにも対応できます。
SONY ICD-TX50 急速充電
SONY ICD-TX50の製品情報ページより (詳細仕様はこちら)

ソニーのICレコーダー"ICD-TX50"はアマゾンにて格安でお求め頂けます。
■SONY ステレオICレコーダー 4GB TX50 ICD-TX50
■SONY USB充電AC電源アダプター AC-U501AD
■SONY ステレオICレコーダー UX523F FMチューナー付 4GB ICD-UX523F
■SONY ステレオICレコーダー UX523 4GB ICD-UX523



( 2012/06/24 05:19 ) Category ├レコーダー | TrackBack(0) | Comment(0)
ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] 楽天

▲停止中▲[AD] Other
(MicroADサービス終了)
おすすめショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。