ミュージックガジェット [音楽制作ソフト/DTM/録音機器/製品紹介/レビュー/etc]

音楽制作ソフト/DTM/録音機器等の製品の紹介、レビュー等。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーディオ出力の切り替えに!8系統切替可能な安価なセレクター DN-AS81 

8ポートのオーディオ出力切替器 DN-AS81
家電量販店のオーディオコーナー、楽器店、オーディオショップ等でよく使われているモニタースピーカー試聴用の切替器は、パーソナルユースではあまり需要がないと思われているためか、なかなかこなれた価格では市販されていません。
一部オーディオマニア向け?(業務用?)のLUXMAN製のもの等は見かけますが、いずれも高価で数万円するものばかりです。

【参考:スピーカーセレクターの例~LUXMAN他】
左より、ラックスマン スピーカーセレクター AS-5III/ラックス スピーカー・セレクターLUXMAN AS-50R/LUXスピーカーセレクター(3系統切替)AS-55/ORB 高音質スピーカーセレクターMC-S0

また、オーディオのアウトプットを切り換える装置を探そうとして、インターネットで「オーディオ 出力 切り替え」「オーディオ 出力 切替器」といったキーワードで検索すると、ヘッドセットとの切替器や、CPU切替器に音声出力切替のついたものなど、的外れな商品が上位にヒットしてしまうと思います。

これは、出力を切り換えるための装置として統一された名称がない(ニーズも少ない?)事と、同じ役割を果たすオーディオセレクターは一般的に入力切替用、ラインセレクターは楽器や機材用として認識されているためだと思います。

今回紹介する製品は、上海問屋ブランド「8ポート オーディオ切り替え機(セレクター) Donyaダイレクト DN-AS81」です。

言ってしまえば単にラインセレクター、オーディオセレクターですが、この製品は切り替えの対象をOUTPUTとプリントされており、珍しく出力切り替えを意識したデザイン(プリント、刻印)になっています。
スピーカー出力切替機
値段はリーズナブルな1,999円(税込)。アマゾンでは送料込みでこの価格になっています。(201102現在)しかもこの価格帯で8系統切り替えができるオーディオ、ラインセレクターはまずありません。

8ポート オーディオ切り替え機(セレクター) Donyaダイレクト DN-AS81
Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2011/1/17

商品の説明
楽しみたい音楽・映像にあわせて、ヘッドフォン・イヤホンを簡単に切り替えられる、8ポートのセレクターです。
全面のスイッチで簡単に切り替えることができ、音の聞き比べも簡単にできます。
音声入力は、RCAピンジャック(白/赤)と3.5mm径ステレオミニジャックの2系統
(両方同時に接続すると、音が混合されて出力されます。)
音声出力は、3.5mm径ステレオミニが8ポート
●本体サイズ:200 (L)×74(W)×42(H) mm
●重量:567g
●付属品:滑り止め、ユーザーマニュアル (英語)
●製品保証:初期不良2週間



アウトプットを切り換える装置のようにデザイン(刻印)されていますが、もちろん逆にOUTPU側にソースを接続すれば安価な8系統の入力切替(いわゆる一般的なオーディオセレクターとして)にも使えます。

ついでに、普通の、比較的知られていると思われるオーディオセレクターも2つほど紹介しておきます。INPUT側に出力を接続すればオーディオ出力切替器としても使えます。

audio-technica オーディオセレクターAT-SL31A (3系統)
SONY オーディオセレクター SB-A40 (4系統)



ブログランキングに参加中です。
もしこの記事が少しでもお役に立てたら,以下のどれかひとつ、クリックお願いします。
(クリック先にはジャンルの近いブログがいろいろ紹介されているので有用な情報が見つかるかも知れません)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

音声入力切替機としても使える音声出力切替器、切替機



スポンサーサイト
( 2011/02/11 04:16 ) Category 音楽ハードウェア | TrackBack(0) | Comment(0)
ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] 楽天

▲停止中▲[AD] Other
(MicroADサービス終了)
おすすめショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。