ミュージックガジェット [音楽制作ソフト/DTM/録音機器/製品紹介/レビュー/etc]

音楽制作ソフト/DTM/録音機器等の製品の紹介、レビュー等。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FC2ブログの一番上に表示される、バーを消したい~検索バーを表示しない。 

↓FC2ブログの一番上に表示されるバー、これを検索バーと言うようです。↓

FC2ブログ検索バー

いろいろ設定をいじっていたら、もしくは無意識に、管理画面でマウスが勝手にスクロール等の誤動作をしていると、自分では全く気づかない間に表示されることがあるかも知れません。

名称がわからないと、検索して調べようにもなかなか出てきません。

「FC2 blog 一番上の 表示 バー」とかで出てこなかったので、記事にしてみました。
とはいえ、名称がわかってしまえば、解説するまでもなく、管理画面内で探す事が出来ますが。 検索バーを非表示にする方法を一応書いておきます。



管理画面から、環境設定/ブログの設定/検索バーの設定~「利用しない」にして、更新ボタンを押すだけです。

FC2ブログ検索バーの設定 表示しない


ブログランキングに参加中です。
もしこの記事が少しでもお役に立てたら,以下のどれかひとつ、クリックお願いします。
(クリック先にはジャンルの近いブログがいろいろ紹介されているので有用な情報が見つかるかも知れません)
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

FC2ブログの管理画面にログインできない。FC2側の問題の場合もあり。 

一定期間、トップの最新記事に下記のGoogle提供「東北地方太平洋沖地震」災害情報、安否確認情報を掲載させて頂きます。

FC2ブログの管理画面にログインできないという現象はさまざまなケースがありますが、皆さんはどのように対処するのでしょうか。

今回とりあげるケースは以下のような現象です。

正しいログインIDとパスワードを入力しているにもかかわらず、入力欄が空白にリセットされてログイン画面が再表示される。
FC2BLOGログイン画面

この記事のタイトル通りの結論から先に述べると、クライアント側つまり自分のパソコン側は、特に問題なく、IDやパスワードも間違いなく控えがあり、昨日まで、さっきまでログインしていたのに、といったケースの場合、FC2側の問題の場合があるようです。このケースの場合、数日にまたがるような大規模な問題でもない限り、http://fc2support.blog85.fc2.com/最新障害情報・メンテナンス情報ブログでもとりあげられず、自然?に復旧するまで、いろいろとがんばって調査する人がバカを見る結果になってしまいます。

また、「FC2ブログ ログインできない」等のキーワードで検索しても、前述のようにメンテナンス情報ブログには反映されず、何年も前の情報や、場合によっては、ログインできない~というタイトルの記事を見つけ読んでみると、「パスワードが間違っていました。ポリポリ」みたいな内容で結果にがっかり。自分がそうでした。

いろいろ自分で調べたり、試行錯誤する人は、FC2のヘルプも参照すると思われますので、今回のテーマのようなケースもある事を、FC2のヘルプの「ログインできないときは」のページに、「FC2側の問題の場合もある」旨記載しておくべきだと思います。

<FC2ヘルプ>

Q.ログイン方法は間違えていないのに、ログインができません。
A.下記のことをお試しください。
1)SSL・TLSの設定を確認してください。
http://support.fc2.com/check_ssl.php
2)ご利用のパソコンでJavaScriptが有効になっているか確認をしてください。
http://support.fc2.com/check_js.php
3)クッキー・キャッシュの削除を行ってください。
http://support.fc2.com/check_ck.php
4)クッキーを有効にしてください。
http://support.fc2.com/check_cookie.php
5)セキュリティソフトなどが動いておりますとログインできない場合もございますので、そちらを一時的にオフにしてご確認ください。
X)前回正常ログインからパソコン環境は変わっていないはずなのにログインできない場合、FC2サーバ側の一時的な障害等も考えられます。時間をおいて再度ログインを試して下さい。


最後の項目"X)"は、こちらで追加してみたものですが、これに触れておくだけで、無駄な努力をしなくて済む人も大勢いるのではないでしょうか。

あらためてまとめ直しておきます。

FC2側のメンテナンスや障害等の問題だった場合は、調べてもわからたないケースが多いので、パソコン、ブラウザが特に問題なく動作している、複数のブラウザを使用していてどのブラウザでも同じ現象、前回ログインがから大きくPC環境が変わっていないはず、健全なはず、という自信がある場合は、FC2側の問題で数時間後に何事もなかったかのように復旧している場合もあるので、すぐさま、ウイルスを疑ったり、必ずしも、ログイン情報の漏洩やそれによるパスワードの改竄、乗っ取り等を心配する必要はないですよ。という事を最後に付け加えておきます。

ブログランキングに参加中です。
もしこの記事が少しでもお役に立てたら,以下のどれかひとつ、クリックお願いします。
(クリック先にはジャンルの近いブログがいろいろ紹介されているので有用な情報が見つかるかも知れません)
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ



Googleの地震災害情報、安否確認情報をブログに貼り付ける方法 

このブログにも掲載している↑Googleの地震災害情報、安否確認情報のブログへの掲載方法をご案内します。

(1) 以下のページ、「Google Person Finder (消息情報): 2011 日本地震」
へアクセスします。
http://japan.person-finder.appspot.com/embed

(2) アクセスしたページ中央の「このツールをサイト上に配置するには、次の HTML コードをコピーして貼り付けます」の下に表示されるタグをコピーして、自分のブログの好きな位置に挿入するだけで表示されます。

以下に上記で取得できるコード(タグ)を掲載しておきます。

<iframe
src="http://japan.person-finder.appspot.com/?small=yes&lang=ja"
width=400 height=300 frameborder=0 style="border: dashed 2px #77c">
</iframe>


パラメーターや数値を変更すれば、自分のブログに合わせてサイズやデザインを変える事ができます。

[パラメーターの意味]
width:ツールの幅(デフォルトの400は400ピクセル)
height:ツールの高さ(デフォルトの300は300ピクセル)
frameborder:フレームのパターン(デフォルトは線が2px破線)



ブログで音声ファイルを使う~オンラインストレージ「SkyDrive検証編」 

この記事では、以下の通り「外部オンラインストレージに置いた音声・音楽ファイルを、FC2ブログに貼り付けて再生する方法」
にとして書いた記事ですが、検証の結果、スカイドライブ上に置いたファイルの継続的な固定URLの取得が出来ない事が判明し、
記事のタイトル通りのような使い方は現時点で不可能な事がわかりました。

そのため、記事名を一部変更し「検証編」としました。

但し、iflameタグでの埋め込みは問題なく(閲覧者の操作をワンステップ増やす事になりますが)、大きなフォイルを継続的に公開できるストーレジとしては機能していますので、興味のある方は以下、ご覧下さい。


外部オンラインストレージに置いた音声・音楽ファイルを、FC2ブログに貼り付けて再生する方法の検証



※本記事では検索効果を上げるため、サウンドファイル、音楽ファイル、音声ファイル等、用語を混在させていますが、全て同義です。

FC2ブログではMP3ファイルをそのままブログ上(ブログ内のディスクスペース)にアップロードする事が出来ますが、1ファイルにつき500KBという制限があります。

FC2ブログも2GBという最大容量があるため、例えばソフトシンセの音色レビューとか、数十秒の短いサンプルなら、ある程度高ビットレートも維持し、たくさんアップロードして再生させる事も出来ますが、自作曲を、短くとも1コーラスぐらいは、となると、500KBにまとめるのはかなり難しくなってきます。

そうなると、FC2ブログ上で500KBオーバーのサウンドファイル貼り付けて再生させるには、1ファイルあたりの制限のない外部サイトにファイルを置く必要が出てきますが、通常、無料WEBスペースは、実コンテンツのないファイル置き場としての使用は禁止されています。

そこで、オンラインストレージサービスです。

オンラインストレージサービスも、最近は多様化し、ファイル転送サービス系も、期限なしというものもいくつか出てきていますが、元々がDTPや音楽業界で巨大なファイルを一回先方へ納品等で送信して受け取ってもらったら終わりという思想のため、不特定多数に公開する機能を持つものがなかなか見つからず、また、ファイル共有サービス系も、不特定多数への公開はできても、アクセス用のURLを受け取った閲覧者がそのサービスのユーザー登録をしてからでないとアクセスできないような仕組みが多く、本記事のテーマにマッチするストレージサービスがなかなか見つかりませんでした。

そんな中、容量、機能ともに、今回のテーマの要求を満たすストレージサービスが、

Microsoft提供の Sky Drive スカイドライブ!

多少裏技的な使い方が必要になるため、ほんの少し手間はかかりますが、目的を果たす事ができました。

次に、手順を紹介します。

SkyDrive上の音楽ファイルをブログに貼り付けて再生する手順



Windows Live ID の登録


SkyDriveを始めるまでの手順はいろいろなサイトで紹介されているので、そちらを参照して下さい。

以下に、読みやすくまとめられたサイトを2件ほど紹介しておきます。

DESIGN Oil BLOG 様 の記事
『SkyDrive』の始め方 -前編- / DESIGN Oil BLOG

マイコミジャーナル 様 の記事
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/05/13/skydrive/index.html

いずれも、書かれた日が少々古いため、現在登録すると画面デザインが多少異なりますが、概要を理解するのにとても参考になります。

読まなくても大丈夫な方は、Windows Live on MSNに直接アクセスして、アカウントを取得して下さい。
Windows Live on MSN
上記サイトの↓このボタンをクリックするとアカウント作成ページへ入ります。
skydriveid.gif


SkyDrive上にフォルダを作成


SkyDriveのメイン画面から、新規作成→フォルダーを選択します。

SkyDrive上にフォルダを作成

以下のように任意のフォルダ名を指定します。
SkyDriveフォルダの共有する相手を変更する
 今回のケースでは、ブログに音声ファイルを貼って公開するために、
 「共有する相手」の「変更する」をクリックして詳細を設定します。

次に、以下の画面の例のように、スライダーの位置を「共有する相手」を「全員(パブリック)」にします。
スカイドライブの共有する相手を全員(パブリック)に設定
「次へ」をクリックすると、フォルダが作成され、そのフォルダへ移動します。


サウンドファイルをアップロード


作成したフォルダにサウンドファイルをアップロードします。

以下の画面例の通り、ドロップスペースにファイルをドラッグするか、青い文字のリンク「コンピューターからドキュメントを選択してください」をクリックして、ファイルをアップロード出来ます。
スカイドライブへ音楽ファイルをアップロードする方法


サウンドファイルのURLを取得


ファイルのアップロードが完了したら、ブラウザの「戻る」ボタン、または画面内の「続行」ボタンでフォルダの一覧画面に戻ります。

一覧表示されるリストから対象のファイル名をクリックします。
音楽ファイルのURLを取得

以下の画面のように表示されたら、アイコンを右クリックして、ショートカットのコピーをクリックし、ファイルのURLを取得します。↓
音楽ファイルのURLをコピー※リスト行のファイル名のショートカットではありませんので注意して下さい。
※リスト行のファイル名をクリック後、↓の画面例の大きいアイコンのショートカットをコピーして下さい。

取得したファイルのURLは以下のようになります。

このURLが何かのタイミングで変わってしまい以下の手順では再生出来ない事が判明しました。現在調査中です。ここまで読んで下さった方にはご迷惑をおかけしてすみません。

[取得したURLの例]
http://public.bay.livefilestore.com/xYz/Sample_WMA_128.wma?download&psid=1
※説明のためURLを簡略化(xYz部)しています。

上記の形式のままでもEMBED内のURLに埋め込めば、動作する事を確認していますが、余計なアクションはない方が、環境の違いでの誤動作を誘発せずにすむかも知れないので、純粋なファイルの純粋なURLに加工しておきます。

末尾の"?download&psid=1"部分(開くか保存するかを尋ねるオプション)をカットします。

[不要部分カット後のURLの例] ★完成★
http://public.bay.livefilestore.com/xYz/Sample_WMA_128.wma

これで、SkyDrive上に置いた、不特定多数アクセス可能な音楽ファイルのURLの完成です。

あとは、このURLをEMBEDタグに埋め込むなり、リンクを作成するなり、ブログ内で自由に扱う事ができます。


SkyDrive上のサウンドファイルをEMBEDで埋め込んだ例


やはり、上記手順で作成したショートカット(サウンドファイルへ直接リンクするURL)は、また変わっていました。

一日サイクルとか法則があるかと思いきや、1/26の同じ日のうちにもショートカットURLは変わっています。この間アップロード者のサインアウト&インも試しているので、これもURL変更に関与しているかも知れませんが、現時点では詳細原因不明です。

負荷対策としての直リン防止策なのか、また合わせて、SkyDriveへ飛ばず、SkyDriveの存在アピールをしないまま(宣伝効果のないまま)裏方のファイル倉庫的使い方をさせない工夫なのかも知れません。

ここまで期待して記事を読んで頂いた方には、重ね重ね申し訳ないです。今後もスカイドライブの挙動等、様子を見ながら代替手段等も調査、模索し、状況が変わり次第記事を更新します。

SkyDrive上のファイルをブログや他サイトに埋め込む正攻法?、iframeは有効なので、メモ的に、またひとつの参考として、以下それぞれのサンプルファイルの「▼暫定措置▼」のところに埋め込んでおきました。


WMAサンプル128Kbps,51秒,882KB)
ソース例
<embed src="ファイルのURL" width="300" height="45" repeat="false" loop="false" autostart="false" volume="90">
▼暫定措置▼ SkyDriveの埋め込みタグ


MP3サンプル(192Kbps,51秒,1214KB)
ソース例
<embed src="ファイルのURL" width="300" height="25" repeat="false" loop="false" autostart="false" volume="90">
▼暫定措置▼ SkyDriveの埋め込みタグ


EMBEDのパラメータについてはこちらの記事の末尾の方で簡単に触れています。

ブログランキングに参加中です。
もしこの記事が少しでもお役に立てたら,以下のどれかひとつ、クリックお願いします。
(クリック先にはジャンルの近いブログがいろいろ紹介されているので有用な情報が見つかるかも知れません)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ



ブログで音声ファイルを使う~ブログに直接アップロード「FC2編」 

FC2ブログにMP3ファイルを貼り付けて再生する方法

FC2ブログの場合、1ファイルにつき500KB、音声・音楽ファイルはMP3のみ、という制限はありますが、ブログ上(ブログ内のディスクスペース)にアップロードする事が出来ます。


1.ファイルアップロード画面(記事編集画面のファイル挿入ボタンからも呼び出し可)、から画像以外のファイルもアップロードする事ができます。

 ブログへ音楽ファイルをアップロード ファイル挿入


2.アップロード画面の「参照」ボタンでファイルを選択、必要に応じてタイトルを付けて、「アップロード」ボタン。

 ブログへサウンドファイルをアップロード 記事へ挿入

そのまま記事に貼り付ける場合は「記事を書く」ボタンをクリックすれば、HTMLソースが記事に挿入されます。

※アップロード後に赤字で表示される、アップロードファイルのURLをコピーして、自由にソースを編集しても構いません。

※画像ファイルをアップロードした場合は「この画像で記事を書く」になりますが、それ以外のファイルの場合、アクションのボタンは「記事を書く」になります。


以下が、記事に貼り付けたサンプルです。
※サンプルのサウンドファイルはソフトウェア音源「HyperCanvas」のバスドラムを鳴らしているだけのものです。

「記事を書く」で貼り付けたサウンドファイル
サンプルサウンドファイル BD36 MP3
ソース例
<a href="ファイルのURL" target="_blank">サンプルサウンドファイル</a>


「オブジェクトの埋め込み」タグ EMBED で埋め込んだサウンドファイル

ソース例
<embed src="ファイルのURL" width="300" height="25" repeat="true" loop="true" autostart="false">


EMBED のパラメータの説明

書式例
<embed src="ファイルのURL" width="300" height="25" repeat="true" loop="true" autostart="false">

パラメータ
scr ソースファイルのURL
width プレイヤーの幅をピクセル単位で指定
height プレイヤーの高さピクセル単位で指定 (注1)
repeat 自動リピート(true:有効/false:無効)
loop 自動リピート(true:有効/false:無効)
autostart 自動再生(true:有効/false:無効)

その他
volume 0-100の範囲で音量指定可
hidden "true"でプレイヤー非表示。BGM再生等に。

EMBED タグ height の説明
※上図はQuickTimeをインストールしている場合の例です。


ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] 楽天

▲停止中▲[AD] Other
(MicroADサービス終了)
おすすめショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。