ミュージックガジェット [音楽制作ソフト/DTM/録音機器/製品紹介/レビュー/etc]

音楽制作ソフト/DTM/録音機器等の製品の紹介、レビュー等。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

COWON J3 ファームウェアのアップグレード方法~推奨通りフォーマット? 

静電式タッチパネル採用で、起動時間も短く動作も快適で大人気、COWONのデジタルオーディオプレイヤー、J3のファームアップ実施にあたり、内蔵メモリのフォーマットについて気になる点があったので、実施手順をまとめ直してみました。

<COWON公式サイトより引用>

※ファームウェアアップデート注意事項※

※アップグレードの前に、内蔵メモリのフォーマットを行うことをお勧めします。
内蔵メモリにエラーが発生している場合、アップグレードに失敗することがあります。
(フォーマットは、お使いのパソコンのフォーマット機能をご使用ください。ファイルシステムが選択できる場合はFAT32を選択してください)
※重要なファイルはアップグレード前に必ずバックアップしてください。
※SDカードは、必ず取り外してから行ってください。


* アップグレード前に、バッテリーを充電してください。(途中でバッテリーが切れると正常に動作しなくなります)
* 当社で提供するファームウェアプログラムだけでアップグレードしてください。
* アップグレードにはJ3の空き容量が20MB以上必要です。

○ファームウエアアップデート方法

1. ファームウェアファイルをダウンロードして、パソコンに保存してください。

2. ファイルを解凍してください。 解凍後、3つのファイルが作成されます。

3. COWON J3をパソコンのUSBに接続します。

4. COWON J3が認識されたら、「COWON J3_FW.BIN」「COWON J3_RS.BIN」「COWON J3_FT.BIN」の3つのファイルをCOWON J3のルートフォルダ(ドライブを開いた直後の場所)にコピーします。

5. USB機器の取り外しの操作を行い、パソコンからCOWON J3を取り外します。

6. COWON J3の電源が消えたことを確認した後、COWON J3の電源を入れます。

7. COWON J3の画面にファームウエアアップグレードのメッセージと進行バーが表示されます。アップグレードが完了すると自動で電源が切れます。

8. COWON J3の電源を入れて、ファームウェアバージョンを確認してください。
ファームウエアバージョンは[SETTINGS]-[システム]-[情報]メニューでも確認することができます。

上記は、COWON公式サイトにて案内され、COWON J3 Wikiにも引用されている文章ですが、ここで推奨されている内蔵メモリのフォーマットについて、少し心配になる点があります。 それは、J3をパソコンにUSB接続して認識されるドライブを見ると、以下のように[*画像3]たくさんのフォルダ、そして中にはデモファイルなども入っているため、アップグレードの手順で推奨されている内蔵メモリのフォーマットをすると、これらも消えてしまうので、大丈夫なのか、ということなのですが、結論から先に言えば、大丈夫でした。

良く考えてみれば、ファームウェアはストレージとは別の領域(SRAMやEEPROM)に格納されているはずなので、USBストレージとして認識されている領域はファームに対しては影響を及ぼさないということだと思いますが、そのストレージ部に、何がなければいけない、といったような特段トリッキーな仕様ではなかったようです。

以下に、J3のファームウエアアップデートの手順を、補足説明を付けてまとめ直してみました。

COWON J3 ファームウエアアップデート方法~まとめ直し


1. ファームウェアファイルをダウンロードして、パソコンに保存しておきます。

2. ファイルを任意の場所に解凍します。すると以下の3つのファイルが展開されます。
COWON J3 ファームアップ ファイル3種
 [*画像1]J3ファームウェアアップデータ。3つのファイル。

3. COWON J3をパソコンのUSBに接続します。

COWON J3が認識されると、内蔵メモリのドライブとマイクロSDスロロットのドライブの、2つのドライブが認識されますが、ドライブレターの若い方が内蔵メモリドライブになります。
以下の画像は内蔵メモリドライブがG, マイクロSDドライブがH として認識された際のGドライブのプロパティ画面です。(内蔵ドライブはFAT32形式になっています。)
COWON J3 内蔵メモリドライブのプロパティ
 [*画像2]J3内蔵メモリドライブのプロパティ

また、内蔵メモリのルートには以下のようなフォルダとファイルが入っています。
(J3ファームウェアのバージョンがver.2.03の場合)
COWON J3 内蔵メモリ内のフォルダとファイル DID.bin nonce.bin
 [*画像3]J3内蔵メモリドライブのルート直下のフォルダ・ファイル群

4.1. COWON J3が認識されたら、J3の内蔵メモリのドライブ(*1)を接続したパソコンのフォーマット機能を使ってFAT32でフォーマットします。
COWON J3 内蔵メモリをFAT32でフォーマット
 [*画像4]J3内蔵メモリドライブのフォーマット
(*1)画像の例ではGドライブ
(*2)アップグレード処理では出、荷時にJ3に入っているデモファイルは復元されませんので、内蔵メモリのフォーマットを行った場合、デモファイルも消えてしまいます。必要な場合は事前に退避しておいて下さい。

4.2. フォーマットが完了したら、「COWON J3_FW.BIN」「COWON J3_RS.BIN」「COWON J3_FT.BIN」の3つのファイルをCOWON J3のルートフォルダ(ドライブを開いた直後の場所)にコピーします。

5. USB機器の取り外しの操作を行い、パソコンからCOWON J3を取り外します。
※念のため「ハードウェアの安全な取り外し」を使って取り外します。
※ハードウェアの安全な取り外しを行って「安全に取り外す事が出来ます」とパソコンに表示されたあと、USBケーブルを抜くと、自動的にJ3の電源が切れます。

6. COWON J3の電源が消えたことを確認した後、COWON J3の電源を入れます。

7. COWON J3の画面にファームウエアアップグレードのメッセージと進行バーが表示されます。アップグレードが完了すると自動で電源が切れます。

8. COWON J3の電源を入れて、ファームウェアバージョンを確認してください。
ファームウエアバージョンは[SETTINGS]-[システム]-[情報]メニューでも確認することができます。

アップグレード後、内蔵メモリドライブ直下の以下のデフォルトのフォルダ群は自動的に生成されています。 また、上記手順でアップグレード用に内蔵メモリ上に配置した3つのアップデータファイル(拡張子.BIN)は自動的に削除されます。

アマゾンでご購入の際は、量販店では取り扱いのない限定色のブラックがおすすめ。
■COWON MP3 プレーヤー J3-4G-BK ■J3-8G-BK ■3-16G-BK ■J3-32G-BK
コウォンジャパン



スポンサーサイト
( 2013/06/06 02:05 ) Category ├携帯音楽プレイヤー | TrackBack(0) | Comment(0)
ブログランキング
[AD] Amazon
[AD] 楽天

▲停止中▲[AD] Other
(MicroADサービス終了)
おすすめショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。